pick up 暮らし

味噌汁にケチャップ?! 調味料1滴で味わいが深くなるワザ【ラク家事たまてばこ】

毎日こなしている家事が、ほんのちょっとのコツで楽しく、ラクになる! そんな暮らしのレシピを、「家事えもん」でおなじみのお笑い芸人・松橋周太呂さんが教えてくれるコーナー。

実は調味料検定 “通”の資格ももつ松橋さん。今回は、「なんだか味が物足りない」「味が決まらない」という時に活躍する、調味料のちょい足しワザをご紹介します。

 

味噌汁にケチャップを1滴

「味噌汁にケチャップ?!」と驚くかもしれません。

カツオと昆布の合わせだしを使うお味噌汁は、カツオの「イノシン酸」と昆布の旨み成分「グルタミン酸」を掛け合わせ、“旨みの相乗効果”が起こります。昔から合わせられてきたカツオと昆布は、科学的にも根拠のあるおいしさなのです。

ですが、忙しい現代人は、顆粒のカツオだしだけでお味噌汁をつくることも増えました。そこで、昆布の代わりに、昆布の旨み成分「グルタミン酸」が含まれているトマトケチャップを加えることで、合わせだしと同じ相乗効果が生まれるのです!

ケチャップの味を感じないほどの1滴を入れれば、旨味だけが引き出せますよ。

また、シンプルにグルタミン酸を加えるなら、昆布茶を少し加えてあげても味がまとまります。その時は、お鍋1杯に小さじ1~1/2くらいを加えてくださいね。

旨みを引き出すなら、トマトの味噌汁がおすすめ

“旨みを引き出す”という意味では、トマト自体をお味噌汁に入れてもOK。少しイタリアンテイストになるので、いつもと違うお味噌汁になります。さっと煮ればフレッシュ感のある味に、しっかり煮込んでクタクタになったら甘みが強い味に…と、トマトの煮込み加減でも楽しめます。

油揚げや大根、キャベツ、タマネギなど、どんな食材と組み合わせても相性がいいのもうれしいですね。

ちなみに、最後にお味噌汁をお椀に盛ってから、オリーブオイル(エキストラバージンオイルだと香りもさらに良いです)や、チーズをほんの少し加えても、味が変わっておいしいですよ。

カレーやシチュー、カルボナーラにほんの少しの味噌

実は味噌もおいしさアップの調味料。

カレーの隠し味、ビーフシチューやクリームシチュー、カルボナーラ等にほんの少しだけ入れてあげると、味噌に含まれる麹のコクと深みが加わって、ぐっとおいしくなります!

ただし、味噌は塩分が強いので、塩加減には気をつけてくださいね。

 

緑茶や紅茶に、醤油を1滴

醤油には「バラの香り」と同じ成分が含まれています。そのため、1滴たらすと風味を高めてくれます。

 

バニラアイス・プリンへ醤油を1滴

甘みを引き立て、後味を爽やかにしてくれます。みたらしだんごをイメージしてみてください。甘いものにほんの少しの醤油は、絶品です!

 

カステラ・スポンジケーキ・マフィン・パイなどへ、醤油を1滴

焼き上げるタイミングで醤油を1滴たらすと、香ばしさが際立ちます。

もしくは、ハケで表面に醤油をうす〜く塗ること。香りと香ばしさが良くなり、口に入れ、ぐっと噛んだ時に奥から甘みが出てきて、味に深みがでます!

ただし、いっぱい塗れば醤油味になってしまうのでご注意を。あくまで“うす〜く”塗ることです。

※調理用のハケがお家にない方は、クッキングシートを重ねて小さく折りたたみ、ハサミで切り込みをたくさん入れたら使い捨てのハケができます。

 

ぜひ、試してみてくださいね!

「家事えもん」こと 松橋 周太呂さん
吉本総合芸能学院(NSC)9期生のお笑い芸人。 掃除能力検定士5級、ジュニア洗濯ソムリエの資格を取得し、家事大好き芸人としてテレビや雑誌で活躍中。
一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧